入園案内

たいら保育園で直接受け付けは行っておりません。
入所ご希望の方はうるま市役所でお申込み下さい。

 

入所申込に必要な書類

①保育所入所申込書

入所を希望する児童1人につき各自1枚必要です。

 

②保護者(父・母・児童と同番地にお住いの60歳未満の祖父母その他)の就労状態等を証明する書類

保護者などの状況 提出書類
 1.勤務又は勤務予定の方 「勤務証明書」※保育課指定の様式
 2.育児休業中(予定)の方  「勤務証明書」※保育課指定様式及び「育児休業等取得者通知書の写し」
もしくは「育児休業基本給付金支給決定通知書」又は(類する証明書)
 3.自営業・内職・農業・漁業・
その他(委託等)の方
「自営業(内職)申立書」
(自治会長・民生委員・組合長・委託元代表者の証明)※※保育課指定の様式
※自営業の方は、「営業許可証」又は税務署の受付印が押された
「個人事業の開廃業等届出書(控え)」の写し又はこれに類する書類を添付してください。
 4.出産の方  「親子健康手帳の写し」で分娩予定日又は、出産予定日が明記されたもの
 5.病気の方  「診断書(保護者用)」
 6.同居親族の看護・介護の方  「*看護(介護)状況申告書」及び「*診断書(看護・介護用)」※保育課指定の様式
「介護保険被保険者証の写し」(介護のみ)が必要です。
 7.求職活動中の方 「求職状況報告書」※保育課指定の様式
職業安定所(ハローワーク)発行の求職受付証(ハローワークカード)をお持ちの方は、
写しの添付をお願いします。
 8.就学中(予定)の方 「在学証明書」及び「時間割表」等
 9.災害復旧等にあたっている方 「罹災証明書」等

 

③個人情報確認に関する同意書

④母子・父子・在宅障がい者(児)・生活保護世帯について

【母子・父子世帯】・・・「児童扶養手当証書」又は「母子及び父子家庭等医療費受給者証」の写し
【在宅障がい者世帯】・・・「障害者手帳」又は「療育手帳」又は「特別児童扶養手当証書」又は「障害基礎年金等の受給証」又は「精神障害者保健福祉手帳」の写し
【生活保護世帯】・・・「保護証明書】※必要に応じて戸籍謄本の写し又はその他の書類を求めることがあります。

⑤保育課の算定に必要な添付書類

 

 

申告の状況 税の証明書類 提出期限
イ.勤務の方
(会社が給報提出)
『平成24年分の源泉徴収票』の写し
※ 2ヶ所以上から源泉徴収票・支払調書の発行を受けている方は全て提出する必要があります。
平成25年1月31日(木)
ロ.確定申告をしている方
(税務署申告をしている方・自営業の方)
『平成24年分の確定申告書』の写し(青色・白色申告) 平成25年3月15日(金)
ハ.市民税申告をしている方
(市役所で申告)
イ.ロ.以外の方については入所申込時に口頭で伝えてください。
※『源泉徴収票』及び『確定申告書』以外の方は必ず市申告をするようにして下さい。
ニ.うるま市に転入された方
平成24年1月2日以降
『平成24年度所得課税証明書』
※平成24年1月1日の住民登録市町村発行の「平成24年度所得課税証明書」を提出して下さい。
平成25年1月31日(木)

※注意※
『源泉徴収票』又は『確定申告書』の写し、前住所からの『平成24年度所得課税証明書』の未提出、市申告の未申告の場合は最高額の保育料で仮決定される場合がありますので、期限内にお手続き下さい。

平成25年1月2日以降、うるま市に転入された方は、平成25年1月1日の住民登録市町村発行の「平成25年度所得課税証明書」を、平成25年7月1日までに提出して下さい。

 

入所の決定

保育所(園)への入所は、その児童が保育に欠ける状態にあるかどうか、十分調査検討した上で決定します。希望者の多いときは、保育に欠ける基準の高い児童からの入所となります。

【申込書】→【受付】→【書類審査・調査】→【入所承諾決定】→【保育所(園)での面接】

※入所承諾決定については、2月下旬ごろに保護者へ通知します。

●「寡婦(夫)控除のみなし摘用」の申請について

婚姻歴の無い非婚母子(父子)が対象となります。
申請及び「寡婦(夫)控除のみなし適用」の詳細については、保育課まで問い合わせください。

「寡婦(夫)控除のみなし適用」の注意事項
①「寡婦(夫)控除のみなし適用」は、保育料算定のみに適用されます。
②「寡婦(夫)控除のみなし適用」を行っても保育料が減免されない(変更がない)場合があります。
③第1階層又は第2-1階層の方は、既に保育料が免除されているため適用対象外となります。
④「寡婦(夫)控除のみなし適用」を希望する方は、毎年度の申請が必要です。

※注意事項※
①保育所の定員の関係により入所できない場合がありますので、あらかじめ御了承ください。
②申請内容や添付書類等に虚偽がある場合は、入所を取り消すことがあります。
③保育所(園)における集団生活に支障がある場合は、入所を取り消すことがあります。
④入所の決定は、書類審査や家庭状況の調査等(実態調査等を含む)により決定し、後日通知致します。
⑤保育所入所後にも電話・訪問などによる就労調査がありますので、御了承ください。
⑥保護者の勤務先の変更・退職や出産など入所時と家庭の状況が変わった場合は、保育課までご連絡ください。〔もし職場をやめたことが判明した場合は中途退所になります。〕
⑦年度途中において、現況確認のため「勤務証明書」等の提出があります。
⑧児童の発達・発育に遅れを感じられる保護者の方は、受付けの際に必ず申し出てください。
⑨申込受付期間外も随時受付けますが、この場合空き待ちとなります。
⑩年度内の転園は、原則としてできません。
⑪保育所(園)入所後に市外転出の場合は退所となります。